松美堂ロゴ
 
オーダーメイドで造るブロンズ像 (銅像)
 
 
ブロンズ像ができるまで

 

ここでは、ブロンズ像がどのように作られるかをご説明します。

ブロンズ像が完成するまでには多くの職人さんがかかわっています。原型・鋳造・仕上げ・着色。
それぞれの分野で熟練した技術が必要です。

今回はかばの親子(全長250cm)のできるまでをご紹介します。

かばのブロンズ像

打ち合わせ

まず、大きさ・姿・色・設置場所・金額などについて打ち合わせをします。

芯作り

1.芯作り

目的の大きさ・形に合わせ、木材・スチロールなどを用いて芯作りをします。

粘土型

2.粘土型

芯に粘土をつけていき、形を整えます。

様々な角度から写真を撮り、お客様に郵便・E-mailでお送りします。お客様のご意見を聞きながら修正をしていきます。
お客様の立会いの元、最終チェックをして粘土原型を完成させます。

石膏型

3.石膏型(せっこうがた)

粘土原型を石膏に置き換えます。

粘土原型からメス型をとり、そこに石膏を流し込んでオス型をとります。

※粘土原型と違い、石膏型になってしまうと形を修正することはできません。修正は粘土の段階で納得いくまでやりましょう!!

鋳造

4.鋳造(ちゅうぞう)

石膏型を元に伝統的技法を用いて鋳型(いがた)を作成します。
約1200度に溶けた材料を鋳型に流し込みます。
冷え固まった後、型をバラして鋳物を取り出します。

仕上げ・着色

5.表面の加工・仕上げ

鋳物の表面を石膏原型と同じになるように仕上げていきます。

6.着色

置き場所等を考慮して着色します。
着所が終わるといよいよ完成です。

 

完成

完成・お届けまでは約2〜4ヶ月の期間を要します。
お申し込みの際は、時間的余裕を考慮してお申し込み下さい。
お急ぎの場合はご相談下さい。

用語説明

鋳造(ちゅうぞう)・・・溶けた金属を型に流し込んで製品を作ること

鋳物(いもの)・・・鋳造でできた製品

鋳型(いがた)・・・鋳造の際、溶けた金属を流し込む型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ブロンズ像等のお見積もりは無料です。お気軽にお問合わせ下さい◆

ページ上へ▲