FRP像ができるまで | FRP-Production-Process



FRP像がどのように作られるかをご説明します。 ブロンズ像が完成するまでには原型・石膏・割り出し・FRP流し込み・FRP接合・仕上げ・着色と熟練した技術を持つ職人さんが関わっています。 富山県小矢部市のゆるキャラ「メルギューくん」の製作工程です。ゆるキャラのデザイン設定に沿って、または制作後の状態を予想しながら打ち合わせを行い、子どもたちが触れて、一緒に写真を取れるよう倒れない設計をと、台座を含めた構造にしています。それでは、原型製作の現場から順にみてみましょう。                                           
胸像 高岡銅器

①芯作り

設定に合わせ、大きさと動きを芯作りで再現していきます。

胸像 高岡銅器

②粘土工程 その1

芯に粘土をつけていき、形を整えます。

胸像 高岡銅器

③粘土工程 その1

平面図だったゆるキャラが立体的な姿に変わります。この時点で、細かな修正を依頼者様同席のもとに工房で確認します。修正は粘土の段階で納得いくまでやります。

胸像 高岡銅器

④石膏型を取る

粘土原型を石膏に置き換えます。後に、部位ごとに割り出す事を想定して型をとっていきます。割り出す時に割れないよう、補強材もいれます。

胸像 高岡銅器

⑥石膏型を割り出す

石膏型を部位ごとに割り出します。

胸像 高岡銅器

⑦石膏型を割り出す その2

メス型の石膏型には粘土がついているので、粘土を綺麗に掃除します。

胸像 高岡銅器

⑧FRP流し込み

FRPを部位ごとに流し込みます。

胸像 高岡銅器

⑨FRP流し込み その2

FRPの流し込みは固まるスピードを考えながら、熟練の仕事で仕上げていきます。

胸像 高岡銅器

⑩FRP接合と表面加工

流し込み完了後に、接合して立体的にします。また、着色しやすいようお表面を加工します。この時点で像全体の仕上がりが見えてくるので、ご希望により立会ってご覧いただけます。

    
胸像 高岡銅器

⑩着色

事前に打ち合わせをした指定のカラーを着色します。室内で乾くまで1週間~10日ほど待ちます。

胸像 高岡銅器

⑪納品

指定箇所に納品します。今回は、子供が遊んでいても倒れないようにと台座に金属の加工を施しております。設置箇所や利用方法をお聞きしながら、ご提案いたしております。

用語説明


鋳造(ちゅうぞう)・・・「Fiber Reinforced Plastics」の、、、繊維と樹脂を用いて強度を向上させたプラスチックです。遊園地のキャラクターや遊具の一部によく使用されているので、身近によく見かけると思います。ブロンズ像よりも軽量で製造コストを抑えることができます。


メス型・・・石膏でとった型



お問合わせ